アジア杯代表23人発表 香川を呼ばなかった森保監督の胸中

公開日:

 12日、来年1月5日に開幕するアジアカップ(UAE)に出場する日本代表23人が発表されたが、代表初招集選手は一人も見当たらず、独1部ドルトムント所属MF香川真司(29)のメンバー外が注目を集め、周囲から「森保代表監督から完全に見切られたのか?」という声が飛び交った。

 現在、首位キープのドルトムントで出番なしが続いている香川だが、年明け1月の「移籍市場解禁」時期に「ドイツを離れてスペイン、トルコあたりに移籍する」といわれている。香川にしてみたら「移籍が成立するまではケガなどリスクを避けるためにも代表の試合でムリはしたくない」が本音だろう。

「森保監督も同じ思いでしょう」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が、さらにこう続ける。

「戦力として期待されていない、代表引退も同然とみなされているのではなく、常時出場が見込めるチームに移籍した上でトップフォームを取り戻し、それから代表に招集する――と指揮官は考えていると思います。半年前のロシアW杯で背番号10を背負い、ベスト16入りに貢献した香川のテクニックはさびついてはおらず、個人的にもトップ下のポジションで十分に機能すると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る