田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

鹿島ACL優勝で思い出す アジアユース決勝の仰天スタジアム

公開日:

 鹿島が、ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)決勝でイランの強豪ペルセポリス相手に見事な戦いを見せた。第1戦を地元で戦って2―0で勝利し、敵地での第2戦(11日)はスコアレスドロー決着。粘り強い戦いでアジア王者の称号を手繰り寄せた。

 特に第2戦はタフな戦いだった。公式記録の10万人を「オーバーしているのでは?」と思わせるような大観衆が、鹿島選手に向かって敵意むきだしの声援を送っている。そんな中でシュート数は鹿島の7本に対してペルセポリスは17本。無失点に抑えた鹿島は堂々のアジア王者と言っていい。

 実は、試合会場のアザディ・スタジアムには強烈な思い出がある。

 1973年4月にイランの首都テヘランで開催されたアジアユース選手権に出場した。決勝の相手はホスト国イラン。スタジアムに到着して仰天した。機関銃を持った兵士が立ち並び、ピッチでは男性ばかりのサポーターが野太い声で怒鳴るように叫んでいる。言葉は分からなくとも、日本を罵倒していることは分かった。「勝ったら生きて帰れない」と思ったが、キックオフと同時に杞憂に終わった。地元サポーターの後押しを受け、鬼のような形相で攻め込んでくるイラン選手。完全に腰が引けた状態で守っている日本選手。0―2というスコア以上の試合内容で完敗に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る