張本ペアを圧倒 伊藤美誠の混合Vは“卓球トレーニング感覚”

公開日: 更新日:

 17日、全日本卓球の混合ダブルスで伊藤美誠(18)・森薗政崇(23)ペアが大会連覇を果たした。

 対戦した張本智和(15)は「男子ダブルスと戦っている感じだった」と白旗。対する伊藤は「中国の男子選手の球を普通に返している張本くんの球を受けてみたかった」と振り返り、「すごい楽しかった」と笑顔を見せた。

 出場種目の増加と共に負担も増えるが、3種目にエントリーする伊藤はダブルスに出ることがプラスになっているという。

「私の場合、省エネ卓球なので、どうしても『早く試合を終えたい』と思ってしまって、そうすると体をきちんと使えていなかったりする。でも、ダブルスをやることできちんと足も動くし、スタミナもつく。トレーニングのような感覚でやることで、他の試合にもいい影響が出ているかなと。これから体つきが変わってくる年齢にもなったので、トレーニングへの意識も高まりました」

 相棒である森薗の存在も大きい。伊藤の5歳年上だが、「僕は緊張していて、美誠“さん”を見て落ち着いた」とすっかり立場は逆転。以前から「美誠がやりやすいように動くのが僕の仕事」が口癖だ。

 カカア天下が“夫婦円満”の秘訣か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る