中国陣撃破の伊藤美誠 Tリーグ不参加は金メダルへの危機感

公開日: 更新日:

 驚きの3連勝だった。

 卓球ワールドツアーのスウェーデン・オープン女子シングルス決勝で伊藤美誠(18=世界ランク7位)が、世界1位の朱雨玲(23=中国)を4―0で下し、優勝した。

 前日の準決勝でリオ五輪金メダルの丁寧(28=同2位)に0―2から逆転勝利。準々決勝でも劉詩雯(27=同6位)に1―3からの大逆転だった。

 伊藤は先月開幕したTリーグには参加していない。「20年東京五輪での金メダル獲得に向け、さらに研鑽を積むため」だという。Tリーグ設立は、選手のレベルアップやジュニア育成なども大きな目的だ。

「目玉選手のひとりである伊藤の不参加は、自分が東京五輪で金メダルを取ることが卓球界のためになると思っているからでしょう。中国女子単は東京で五輪9連覇を狙う。その中国が最も警戒しているのが伸び盛りで、メンタルが非常に強い伊藤だという。中国は東京五輪が近づくにつれいろいろなことを考えている。トップ選手がTリーグに参加しないのは手の内を見せたくないからでしょう。今大会は伊藤にわざと負けたとは言わないまでも、現在の伊藤の持っている力を100%出させることで、研究材料を得られたことは間違いない」(Tリーグ関係者)

「決勝は本当に完璧だった」という伊藤。

「最初の入りを集中したら、1ゲーム目、2ゲーム目と私の卓球ができた。自分でもびっくりするようなプレーばかりだったから勝てた」と女王撃破の要因を自己分析した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る