伊藤美誠さらなる進化へ 中国勢“芝居”疑惑はGFで明らかに

公開日:

「もっと対策を練られて成長したい」

 卓球のスウェーデン・オープンの女子シングルスで優勝した伊藤美誠(18・世界ランク7位)が帰国。「打倒美誠」に燃えるライバルたちを相手に、さらなる進化を目指すと言った。

 スウェーデン・オープンで、劉詩雯(同6位)、丁寧(同2位)、朱雨玲(同1位)という上位陣が伊藤に撃破された中国は警戒を強めているが、一方で先の敗戦は、今後の研究材料にするため伊藤の実力を100%引き出させるための「芝居」という見方もある。伊藤が次に中国選手と当たるのは12月13日開幕(韓国・仁川)のグランドファイナル。女子シングルスは中国選手が3連覇中。ちなみに2014年大会は石川佳純(25)が優勝しているが、この年は中国勢は出ていない。

 グランドファイナルのシングルスの優勝賞金は10万ドル(約1150万円)と高額だ。ここでも中国のトップ選手が伊藤に負ければ「芝居」疑惑は吹っ飛ぶのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る