“脱・省エネ”で混合初V 伊藤美誠が不振からの成長語った

公開日: 更新日:

「ちょっと試合が多すぎた」

 そう笑ったのは、伊藤美誠(17)。18日、全日本卓球選手権で午前中だけで森薗政崇(22)と混合ダブルスで準決勝と決勝を戦い、初優勝。午後からは早田ひな(17)と組んで女子ダブルスに出ると、ベスト16に進出。その2時間後にシングルス初戦に臨んだ。この日4試合すべてストレート勝ち。対戦相手を圧倒した。

 多くの選手が複数種目にエントリーするものの、伊藤も「(ここまで試合が多いのは)久々だった」と少し疲れた様子。「体力を温存したい」と話したが、19日も最大で4試合に出場する。

 伊藤は自身を「省エネ卓球」と言う。身長は150センチと小柄。左右へ揺さぶられると体力の消耗が激しいため、なるべくコートの中央でボールをさばくスタイルを続けてきた。しかし、これまでのやり方を変えなければならないと思うときがきっと来る。そう思うきっかけはリオ五輪後に陥ったスランプだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る