“脱・省エネ”で混合初V 伊藤美誠が不振からの成長語った

公開日: 更新日:

「ちょっと試合が多すぎた」

 そう笑ったのは、伊藤美誠(17)。18日、全日本卓球選手権で午前中だけで森薗政崇(22)と混合ダブルスで準決勝と決勝を戦い、初優勝。午後からは早田ひな(17)と組んで女子ダブルスに出ると、ベスト16に進出。その2時間後にシングルス初戦に臨んだ。この日4試合すべてストレート勝ち。対戦相手を圧倒した。

 多くの選手が複数種目にエントリーするものの、伊藤も「(ここまで試合が多いのは)久々だった」と少し疲れた様子。「体力を温存したい」と話したが、19日も最大で4試合に出場する。

 伊藤は自身を「省エネ卓球」と言う。身長は150センチと小柄。左右へ揺さぶられると体力の消耗が激しいため、なるべくコートの中央でボールをさばくスタイルを続けてきた。しかし、これまでのやり方を変えなければならないと思うときがきっと来る。そう思うきっかけはリオ五輪後に陥ったスランプだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る