同期にもムキ出し 日ハム吉田“対抗心公言”に思わぬ効果が

公開日: 更新日:

「7割くらいの力で投げた。フォームは完璧ではなく、デキは50%くらいでしたが、あれくらい投げられたらいいかなと思います」

 21日、日本ハム1位の吉田輝星(金足農)が自主トレ2度目のブルペン入り。ストレートを主体に、カーブ、スライダーを交えて44球。受け手の松本ブルペン捕手は「指にかかっていた球は140キロ中盤は出ていた」と話すなど、順調にステップアップしているようだ。

 そんな吉田について、隣で一緒に投球練習をした5位の柿木蓮(大阪桐蔭)は、「争わないといけない相手。1つしか枠がないなら取りにいくしかない」と対抗心を燃やすと、「(普段から)あいつは『負けない』『一軍に行ってやる』と言ってますけど、そこは無視してます(笑い)。結構、うるさいですよ。頻繁に言うんで」と、笑いを交えて2人のやりとりを明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る