低く伸びる遠投披露 日ハム吉田の「下半身」に周囲も絶賛

公開日: 更新日:

「下半身の使い方が上手だ」

 日本ハム1位の吉田輝星(金足農)が早くも、チーム内で高評価を得ている。

 新人合同自主トレ第3クール初日(16日)、ランニング、キャッチボールをこなした後、外野ノックで遠投に取り組んだ。18日にはプロ初のブルペン入りで立ち投げを行う予定で、本人が「久しぶりに力を入れて投げた」というボールは、ノッカーをめがけて低い弾道でグングン伸びた。

 バネのようなしなやかさがあり、投げ終えた後も体がブレない。昨夏の甲子園で見せた、下から浮き上がるようにホップするストレートをほうふつさせた。

 この日、新人の練習をチェックした山田スカウト顧問は、高校時代から見続けてきたその長所について、こう言った。

「もともと下半身の使い方が素晴らしい。最近は上体に頼った投げ方をする投手が少なくない中で、昔の投手のように、下半身主導で腕が遅れて出てくる。球持ちの良さにもつながる。内転筋の使い方に柔らかさがあり、うまく使えるので制球が安定する。持って生まれたものでもあり、誰しもなかなかできないことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  5. 5

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る