西武移籍の内海が激白「原監督?恨みとか全然ありません」

公開日: 更新日:

 西武内海哲也(36)が新天地のキャンプでハッスルしている。3日は2度目のブルペンに入り、62球を投げ込んだ。巨人にFA移籍した炭谷銀仁朗(31)の人的補償として、西武へ移籍。2年連続最多勝を含む通算133勝、6度のリーグ優勝に貢献した生え抜き功労者の他球団流出に、今も巨人ファンからは非難の声が上がっている。15年間在籍した巨人を離れることになった元左腕エースに本音を聞いた――。

 ◇  ◇  ◇

 ――衝撃的な移籍。みんな驚いたが、気持ちの準備はしていた?

「しょうがないです。ルールなんで。気持ちの準備は全くしていなかったですけど……」

 ――巨人から急に連絡が入った?

「そうです。発表(昨年12月20日)の前の日でした。球団職員の方から、『ちょっと話したいことがある。会えませんか?』と、まずはアポの連絡が入りました。その後に直接会って言われました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る