中島が早くも別メニュー…巨人40億円補強も戦力は丸のみか

公開日: 更新日:

 広島からFA加入した丸佳浩(29)が1日、巨人のユニホームに初めて袖を通した。

 ファンと報道陣の注目を一身に集める中、5年ぶりV奪回の切り札はしかし、「変わったことをする必要はない。今までやってきたことを変えるつもりはない」と淡々。原監督は自身も背負った背番号「8」の動きに目を細めながら、「今までの中で一番輝いている『8番』じゃないでしょうか。少なくとも私が着けているよりは輝いていたと思う」とうれしそうだったが、本人には気負った様子はなかった。全体メニュー終了後、室内練習場へ移動して、打撃マシンを相手に1時間超、黙々とバットを振り込む姿に、キャンプ初日から視察に訪れた他球団スコアラーは、「なにしろ2年連続のMVP選手ですからね。必要以上にFA移籍の重圧を感じている様子もないし、大きな戦力になるのは間違いない」と警戒した。

 そんな丸と対照的だったのは、同じ新戦力でオリックスから移籍した中島宏之(36)だ。腰の張りでいきなりの別メニュー調整。米マリナーズから日本球界に復帰した岩隈久志(37)も一軍投手陣ではただひとり、ブルペン入りを回避した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る