中島が早くも別メニュー…巨人40億円補強も戦力は丸のみか

公開日: 更新日:

 広島からFA加入した丸佳浩(29)が1日、巨人のユニホームに初めて袖を通した。

 ファンと報道陣の注目を一身に集める中、5年ぶりV奪回の切り札はしかし、「変わったことをする必要はない。今までやってきたことを変えるつもりはない」と淡々。原監督は自身も背負った背番号「8」の動きに目を細めながら、「今までの中で一番輝いている『8番』じゃないでしょうか。少なくとも私が着けているよりは輝いていたと思う」とうれしそうだったが、本人には気負った様子はなかった。全体メニュー終了後、室内練習場へ移動して、打撃マシンを相手に1時間超、黙々とバットを振り込む姿に、キャンプ初日から視察に訪れた他球団スコアラーは、「なにしろ2年連続のMVP選手ですからね。必要以上にFA移籍の重圧を感じている様子もないし、大きな戦力になるのは間違いない」と警戒した。

 そんな丸と対照的だったのは、同じ新戦力でオリックスから移籍した中島宏之(36)だ。腰の張りでいきなりの別メニュー調整。米マリナーズから日本球界に復帰した岩隈久志(37)も一軍投手陣ではただひとり、ブルペン入りを回避した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る