西武で内海が“大化け”の予感 パの先発左腕事情が追い風に

公開日: 更新日:

 2013年以来の2ケタ勝利もありそうだ。

 21日、炭谷の人的補償で西武に移籍した元巨人の内海哲也(36)が入団会見。

「早く(西武に)溶け込めるよう頑張りたい。2ケタ勝利を目指したい」と話した。

 今季は5勝5敗、防御率4.17。投手陣の教育係として獲得した感は否めないが、むしろいきなり10勝も期待できる。

 辻監督は「交流戦を見てもパを相手に結果を残している。パは振ってくる打者が多いので、かわせる技術があるのはいい」と評価していた。

 今季、内海は交流戦で3試合に登板。勝敗はつかなかったが、防御率1.50だった。

 そもそも、現在のパは「技巧派左腕」が手薄。先発に限れば、それこそ西武の榎田くらいだろう。榎田は今季11勝。「パの打者は目が慣れてないので」と話したが、対戦機会が少ないからこそ、優位に立てる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る