巨人・炭谷も?「パ→セ移籍の捕手は苦戦」の不吉データ

公開日: 更新日:

 巨人炭谷銀仁朗(31)がうなった。宮崎合同自主トレ2日目の29日、ブルペンで高卒3年目・高田萌生(20)の球を50球受け、「いいボールが来ていた」と褒めた。

 FAで西武から年俸1億5000万円の3年契約で加入。まずは自軍投手陣の特徴をつかむべく、メモを取りながら奮闘している。現時点で小林、阿部らのライバルを差し置き、正妻の筆頭候補に挙げられる。が、近年、パ・リーグからセ・リーグに移籍した捕手が、軒並み苦しんでいるという不吉なデータがある。

 昨季、日本ハムから中日へFA移籍した大野奨は、63試合に出場し、打率.197。手術した右肘の状態が悪く、そこを各球団に狙われた。移籍元年の盗塁阻止率は.098と散々な結果に終わった。同じく昨季、オリックスからDeNAへトレードで移籍した伊藤光は、47試合で打率.195。いずれも古巣では正捕手として君臨したが、セの野球に苦しんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る