山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

高校野球の球数制限問題 「戦力均衡」なんかどうでもいい

公開日: 更新日:

 高校野球の球数制限問題が紛糾している。新潟県高野連が今春の県大会で1人の投手の1試合あたりの球数を100球に制限するルールの導入を発表したところ、日本高野連が再考を要求。これによって、同問題は賛否が入り乱れる激しい議論を呼ぶことになった。

 賛成派の意見として主だったものは「青少年への健康被害」だ。これまで、高校野球特有の玉砕賛美的な感動ポルノの風潮にのまれて過剰な球数を投じてきた10代の少年のうち何人もが、その後に肩や肘に深刻な後遺症を負った。もちろん、なんの異常も見られなかった投手もいるのだが、そういう幸いなケースを隠れみのにして、その背後に横たわる多くの故障者に目を向けないのは教育者のやることではない。うがいや手洗いをしなくとも風邪をひかない生徒がいるからといって、うがいや手洗いの不要を指示する学校はないだろう。

 一方、否定派の意見は高校野球人気を支える情緒的なものが多い。要するに、昨年の金足農・吉田輝星のような激投があるから高校野球は感動的なのだ、とする論調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る