山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

巨人から移籍の長野は実質的な広島史上初の「FA獲得選手」

公開日: 更新日:

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩の人的補償として、巨人から長野久義が広島に移籍することになった。同じく炭谷銀仁朗の人的補償で西武に移籍した内海哲也に続いて、巨人生え抜きの大物選手がまたも他球団に流出した(プロテクトから外れていた)わけだから、巨人ファンの失望と衝撃は相当なものだろう。

 一方、広島側に立ってみれば、丸の退団はあったにせよ、長野クラスの大物選手が他球団から移籍してくるというのは大きな出来事だろう。思えばFA制度が導入されて以降、広島は川口和久に始まり、江藤智、金本知憲、新井貴浩ら、生え抜きの中心選手を何人も手放してきた。黒田博樹と前田健太はMLB移籍だが、自前で育成した中心選手を全盛期バリバリのころに失うという意味では同じだ。そう考えると、広島は大きな戦力ダウンには慣れているという見方もできる。その戦力ダウンによって長期低迷していた時代もあったが、近年では持ち前の育成力を武器に常勝球団にのし上がってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る