第3次原巨人の組閣着々 “クセ者”元木大介氏の入閣が内定

公開日: 更新日:

 チームがCSファイナルステージを戦う裏で、巨人原辰徳次期監督(60)が着々と来季の組閣を進めている。

「内野守備走塁コーチには元木大介(46)が内定した。現職の井端は由伸監督の腹心。2015年オフに同い年の由伸の監督就任が決まるや、現役続行の道がありながらユニホームを脱ぎ、コーチとして同級生を支えることを選んだほど、2人は結びつきが強い。由伸と一緒に巨人を退団するのは既定路線。元木はその後釜だ。

 05年限りで引退してから初のコーチ業になるが、ミスター(長嶋終身名誉監督)が『クセ者』と呼んだように、野球IQは高い。原第2次政権でも入閣が検討されたことがある。元木の野球センスを高く評価する原が三塁ベースコーチを任せる意向だと聞いている」(巨人OB)

 引退後はバラエティー番組に出演し、「おバカ」をウリにした時期もあった。軽いイメージがあるものの、今年は「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」に出場する日本代表チームの監督を務めて3連覇を達成。野球界へ貢献する地道な活動も一方で続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る