第3次原巨人の組閣着々 “クセ者”元木大介氏の入閣が内定

公開日: 更新日:

 チームがCSファイナルステージを戦う裏で、巨人原辰徳次期監督(60)が着々と来季の組閣を進めている。

「内野守備走塁コーチには元木大介(46)が内定した。現職の井端は由伸監督の腹心。2015年オフに同い年の由伸の監督就任が決まるや、現役続行の道がありながらユニホームを脱ぎ、コーチとして同級生を支えることを選んだほど、2人は結びつきが強い。由伸と一緒に巨人を退団するのは既定路線。元木はその後釜だ。

 05年限りで引退してから初のコーチ業になるが、ミスター(長嶋終身名誉監督)が『クセ者』と呼んだように、野球IQは高い。原第2次政権でも入閣が検討されたことがある。元木の野球センスを高く評価する原が三塁ベースコーチを任せる意向だと聞いている」(巨人OB)

 引退後はバラエティー番組に出演し、「おバカ」をウリにした時期もあった。軽いイメージがあるものの、今年は「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」に出場する日本代表チームの監督を務めて3連覇を達成。野球界へ貢献する地道な活動も一方で続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る