第3次原巨人の組閣着々 “クセ者”元木大介氏の入閣が内定

公開日:

 チームがCSファイナルステージを戦う裏で、巨人の原辰徳次期監督(60)が着々と来季の組閣を進めている。

「内野守備走塁コーチには元木大介(46)が内定した。現職の井端は由伸監督の腹心。2015年オフに同い年の由伸の監督就任が決まるや、現役続行の道がありながらユニホームを脱ぎ、コーチとして同級生を支えることを選んだほど、2人は結びつきが強い。由伸と一緒に巨人を退団するのは既定路線。元木はその後釜だ。

 05年限りで引退してから初のコーチ業になるが、ミスター(長嶋終身名誉監督)が『クセ者』と呼んだように、野球IQは高い。原第2次政権でも入閣が検討されたことがある。元木の野球センスを高く評価する原が三塁ベースコーチを任せる意向だと聞いている」(巨人OB)

 引退後はバラエティー番組に出演し、「おバカ」をウリにした時期もあった。軽いイメージがあるものの、今年は「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」に出場する日本代表チームの監督を務めて3連覇を達成。野球界へ貢献する地道な活動も一方で続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る