オフ順調の巨人岡本“4番2年目”のジンクス克服への懸念材料

公開日: 更新日:

 巨人の岡本和真(22)が順調にオフのトレーニングを消化している。

 宮崎春季キャンプ中の2月3日に実施される紅白戦に向け、「出る気満々で練習に取り組んでいる」と腕をまくる。原辰徳監督(60)も「出す気はなかったけど出そう」と呼応。若き4番として自覚は十分である。

 プロ4年目の昨季は、チームで唯一となる全143試合に先発出場し、打率・309、33本塁打、100打点。史上最年少で「3割30本100打点」をクリアした。今季は各球団のマークが厳しくなるのは必至。5年目を迎えるが、実質「2年目のジンクス」に立ち向かうようなものである。

■元木コーチは責任重大

 ただし、懸念材料がないわけではない。課題の守備面である。

 昨季は主に一塁。今季は原監督から三塁転向を命じられている。岡本は「緊張感があっていい」と歓迎しているものの、このオフは守備練習ばかりに時間を割くようなことはしていない。「そこまで気にしていません。井端さん(前内野守備走塁コーチ)に『サードはいつでも守れるから』と言われているので」と、あくまでパワーポイントの打撃を重視していくと明かしていた。原監督も「井端のおかげで劇的にうまくなった」と安心しているが、油断は禁物だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る