背信投球続くDeNA…先発離脱と中継ぎ陣乱調で“投壊”危機

公開日: 更新日:

 3日、ヤクルト戦に臨んだDeNA。先発の浜口は6回1失点とまずまずだったが、3番手のパットンが前日に続いて炎上。八回に雄平に同点3ランを浴びると乱調は後続に伝染。同点のまま迎えた九回、5番手の三上が10球連続ストライクが入らず、押し出し四球でサヨナラ負け。

「また明日頑張ります」と言葉少なに球場を後にした三上に対し三浦投手コーチは「もっと攻めていってほしかった。四球は防ぎようがない」と苦言。九回に最初の四球を選んだ荒木は「3ボールでも打つつもりでいた。スライダーはめちゃくちゃ曲がっていたけど、コントロールが利いていない感じだった」と話した。

 DeNAの与四死球数は広島と並ぶリーグワーストタイの19。石田や東ら先発左腕が離脱中で、中継ぎへの負担が予想される中で開幕したが、中継ぎ陣も乱調では泣きっ面に蜂だ。ラミレス監督はパットンについて「彼にとってもチームにとってもタフな展開になってしまった」と言い、「明日以降どうするか。順番を含めてこれから考えたい」とリリーフ陣の再整備をほのめかした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る