背信投球続くDeNA…先発離脱と中継ぎ陣乱調で“投壊”危機

公開日: 更新日:

 3日、ヤクルト戦に臨んだDeNA。先発の浜口は6回1失点とまずまずだったが、3番手のパットンが前日に続いて炎上。八回に雄平に同点3ランを浴びると乱調は後続に伝染。同点のまま迎えた九回、5番手の三上が10球連続ストライクが入らず、押し出し四球でサヨナラ負け。

「また明日頑張ります」と言葉少なに球場を後にした三上に対し三浦投手コーチは「もっと攻めていってほしかった。四球は防ぎようがない」と苦言。九回に最初の四球を選んだ荒木は「3ボールでも打つつもりでいた。スライダーはめちゃくちゃ曲がっていたけど、コントロールが利いていない感じだった」と話した。

 DeNAの与四死球数は広島と並ぶリーグワーストタイの19。石田や東ら先発左腕が離脱中で、中継ぎへの負担が予想される中で開幕したが、中継ぎ陣も乱調では泣きっ面に蜂だ。ラミレス監督はパットンについて「彼にとってもチームにとってもタフな展開になってしまった」と言い、「明日以降どうするか。順番を含めてこれから考えたい」とリリーフ陣の再整備をほのめかした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る