DeNAがDバックスと メジャーと「業務提携」日本球団の思惑

公開日: 更新日:

 さる14日、DeNAがダイヤモンドバックスとの業務提携を発表した。MLBとのパートナーシップは球団初の試み。若年層がマネジメントに携わるDバックスに注目した三原球団代表が声をかけたという。

 遡れば、日本球界とMLBの業務提携は1970年代から存在した。2001年にダイエー(現ソフトバンク)とアスレチックス、02年に巨人とヤンキースが提携するなど、歴史は長い。当時は選手獲得をはじめとしたコーチやスタッフの人事交流が主な目的だった。それは現在も継続されている一方、近年、日本球界が求めるメリットは戦術面における「数字」の活用にある。

 古くからプロ野球界では「セオリー」が重視されてきた。「左打者には左投手」などがその典型だが、近年はこうした固定観念を排除し、よりデータに基づいた采配や戦略を採用。トラックマン(弾道測定器)の導入で曖昧だったボールの“キレ”が回転数などによって数値化され、フライボール革命によって本塁打が量産されると、打撃論で「悪」とされてきた“かち上げ”を否定する者は激減した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る