球数制限は見送りも…“物言う主砲”DeNA筒香に高野連が恐々

公開日: 更新日:

 21日、ヤクルトとの練習試合に4番・DHで先発出場したDeNA筒香嘉智(27)。初回に実戦初安打となる右前打を放ち、「順調なので、このままいければ」と話した。

 筒香の主戦場はグラウンド外にもある。昨年から勝利至上主義の少年野球指導に対し、何度も問題提起してきた。昨年12月、新潟県高野連が今春の県大会で投手の球数を100球に制限する独自ルールの導入を決定。すると、今年1月の記者会見で「昨年も球数問題が出ていましたが、子供たちのためになっているのかという疑問があります。子供たちの将来を考えることが一番という思いを全員が持てば、そんなに難しい話ではないと思います」と賛同した。

 さる20日、日本高校野球連盟(以下、高野連)は理事会で新潟高野連への再考要請を決定。今回の導入は見送られたものの、4月に有識者会議を立ち上げる方針を固めた。筒香の言動を支持してきたスポーツ庁の鈴木大地長官は「半歩、一歩前進したという気がする」と言う一方で、「(新潟県)独自の取り組みということでいいのではないか」と腰の重い高野連をチクリ。筒香のあけた“風穴”は着実に大きくなりつつある。

 見送り決定に高野連の竹中雅彦事務局長は語気を強めて「認めないわけではない」と繰り返し、同時に「新潟が一石を投じた。未来の高校野球発展には避けて通れない。重く受け止めるべき」とも言った。今後も高野連が恐れるのは「物言う主砲」の痛烈な一撃か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る