球数制限は見送りも…“物言う主砲”DeNA筒香に高野連が恐々

公開日: 更新日:

 21日、ヤクルトとの練習試合に4番・DHで先発出場したDeNA筒香嘉智(27)。初回に実戦初安打となる右前打を放ち、「順調なので、このままいければ」と話した。

 筒香の主戦場はグラウンド外にもある。昨年から勝利至上主義の少年野球指導に対し、何度も問題提起してきた。昨年12月、新潟県高野連が今春の県大会で投手の球数を100球に制限する独自ルールの導入を決定。すると、今年1月の記者会見で「昨年も球数問題が出ていましたが、子供たちのためになっているのかという疑問があります。子供たちの将来を考えることが一番という思いを全員が持てば、そんなに難しい話ではないと思います」と賛同した。

 さる20日、日本高校野球連盟(以下、高野連)は理事会で新潟高野連への再考要請を決定。今回の導入は見送られたものの、4月に有識者会議を立ち上げる方針を固めた。筒香の言動を支持してきたスポーツ庁の鈴木大地長官は「半歩、一歩前進したという気がする」と言う一方で、「(新潟県)独自の取り組みということでいいのではないか」と腰の重い高野連をチクリ。筒香のあけた“風穴”は着実に大きくなりつつある。

 見送り決定に高野連の竹中雅彦事務局長は語気を強めて「認めないわけではない」と繰り返し、同時に「新潟が一石を投じた。未来の高校野球発展には避けて通れない。重く受け止めるべき」とも言った。今後も高野連が恐れるのは「物言う主砲」の痛烈な一撃か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る