なでしこが世界2位ドイツ戦へ “2度の惨敗”は許されない

公開日: 更新日:

 女子W杯前最後の海外遠征の初戦でフランスに惨敗したなでしこジャパンが9日(日本時間同午後11時キックオフ)、ドイツとの試合に臨む。FIFAランク2位のドイツはフランスとも互角の戦いを見せ、ランキング通りの実力を持つ相手。攻守の絶妙なバランスもさることながら、やはり脅威なのはフィジカルだ。スピードに乗せる前に進行を止める守備ができなければ、なでしこに勝機は見いだせない。

「歯車が狂うと、もう自分たちのペースに持っていけなくなる」――。フランスに1―3というスコア以上の敗戦に厳しい表情だった高倉麻子監督。ショックを断ち切るようにドイツ入り後は粘り強い守備、攻守が切り替わった際の展開など修正を重ねてきた。

 最後の選手選考となるドイツ戦では、国際経験の少ない選手たちにも出場の機会が訪れるはず。

 遠藤純(日テレ・ベレーザFW)もそのひとりだ。2月のアメリカ遠征で初キャップを迎えた遠藤は、スピードに乗った突破だけでなく、裏への飛び出しで攻撃にテンポを生み出せる。「一瞬の動きで相手を抜きたい」と本人も次なる一戦を見据えている。また、ロングフィードを武器に大きな展開づくりを期待される松原有沙(ノジマステラDF)、フランス戦唯一の決定機をモノにした小林里歌子(日テレ・ベレーザFW)の連続弾などドイツ戦にぶつけてみたい選手は多いが、若い戦力を交えてもなお、チーム力を上げ切ることができるか、がカギを握る。

 W杯開幕を2カ月後に控えて<2度の惨敗>は許されない。

(写真・文=フォトジャーナリスト早草紀子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る