イングランドに完敗も…なでしこMF杉田妃和が残した爪痕

公開日: 更新日:

 米国で開催された「シービリーブス杯」、優勝をかけて挑んだイングランドとの最終戦(6日)で、なでしこジャパンは、前半30分までに3失点を喫し、早々と試合を壊してしまった。

 苦しい展開の中、若手筆頭として存在感を示したのが、22歳のMF杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)だ。U―17時代には、高倉麻子監督(現なでしこ監督)の下で主将としてU―17女子W杯優勝に貢献。最優秀選手に選出されるなど、その経歴は輝かしい。

 杉田は、実に繊細なボールタッチをする。鋭いチェックをフワリとかわしてターン。コンタクトプレーをせずしてボールを散らすことができる。

 しかし、高校生年代で世界制覇を成し遂げたとはいえ、そのプレーが国内トップリーグで、ましてや、なでしこジャパンで通用するほど女子サッカーはやわな世界ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!