巨人クックは“悪癖”そのまま…マシソンの代役へ力不足露呈

公開日: 更新日:

 ベンチで原監督は何度も首をひねっていた。

 19日のオリックス戦。同点に追いついた直後の八回だ。マウンドには新外国人のクック(31)。右肘痛から約1カ月半ぶりとなる一軍復帰だったが、キャンプから指摘された課題は何も解消されていなかった。

 他球団スコアラーがこう言う。

「クイックが不得手で、走者を出すと過剰に神経質になる。離脱前も、開幕から守護神を任されて8試合で6セーブを挙げていたものの、付け入るスキはある、とみていました。修正? できていませんでしたね」

 先頭打者を内野安打で出塁させると、次打者の初球にワイルドピッチ。走者が二塁に進んで、いよいよ制球が乱れた。1死後にストレートの四球を与えてピンチを広げ、安打も重なり1死満塁。迎えた小田にもストライクが入らず、2ボールから真ん中に入った直球を簡単に外野に運ばれ、勝ち越しを許す犠飛となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る