巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

公開日: 更新日:

 巨人に緊急事態が発生した。

 18日のオリックス戦で勝利の方程式の一角、スコット・マシソン(35)が2点リードの八回に登板。福田は打ち取ったものの、小島に2球目を投げた直後に右太もも付近に違和感を覚え、トレーナーに付き添われながらベンチへ。そのまま交代となった。

 その後、高木、田原が同点に追いつかれ、先発今村の勝ち投手の権利が消滅。陽の決勝打で勝利を収めたものの、原監督は「マシソンは報告を受けてから? そうですね」と心配そうだった。

 8年目のマシソンは今季5試合目。防御率は0.00だったが、ここまでの道のりは平坦ではなかった。

 昨年8月に左膝を手術。リハビリ中の同年12月にエーリキア症に感染した。リンパ節を除去する手術を受けた影響で、体重は11キロも落ち、入退院を繰り返しながら、1カ月半以上も治療に要した。来日は3月1日。この時、「6月までに復帰できなければ自分の中で残念な結果。自分に失望する。本当は6月でも遅過ぎる。自分の中では最短で戻るための準備をしたい」と焦りを明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る