大本命クックは未知数…巨人上原“保険”守護神にジワリ浮上

公開日: 更新日:

 巨人上原浩治(43)が張り切っている。

 1日、ジャイアンツ球場での二軍練習でブルペン投球。昨年10月にクリーニング手術を受けた左膝の状態は上向いており、「いつでもいける」と、いよいよ実戦登板も視野に入ってきた。

 現状、勝利の方程式入りを目指しているが、状況次第では「大役」が回ってくる可能性もあるという。

「3日に実戦デビュー予定となっている新外国人のクック次第ですね。キャンプではフリー打撃に登板しただけで、すでにクローザー決定のような雰囲気。でも実戦でどうか。セットやクイックといった投球以外のことを含めれば、未知数。もし九回は厳しいとなったら、一転、チーム全体が窮地に追い込まれる。なにせ守護神候補だった沢村が二軍落ちで先発転向。ドラ1入団2年目で地力があるとみられていた鍬原もキャンプ最後の練習試合で5失点と炎上し、不安を残したことで、クック以外の候補者がいなくなってしまったからです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  6. 6

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る