部長は他球団のスカウトからもこっそりと情報を収集する

公開日: 更新日:

 この前のスカウト会議は、さすがにアタマにきたね。

 パソコンおたくのエライさんが、データをたてに、オレが評価した選手にケチをつけたって構わない。球場のネット裏で、一緒に選手をチェックした部長から「こいつのどこがいいんだ」となじられるのも我慢できる。

■「小耳にはさんだ」

 ただ会議で、オレがノーマークにしてた担当地区の高校生左腕をピックアップ、「面白いようだから予選が終わっても追いかけた方がいい」って部長に言われたときは、ムカッときた。「面白いようだから」ってことは、自分の目で確かめたわけじゃない。その選手の地区予選での活躍を報じた新聞やネットを見て言っているのかと思ったら、そうでもない。「小耳にはさんだもんでな」って言うんだ。それがだれかは知らないが、そんなにオレのことが信用できないのかって、思わず口走りそうになったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る