最速140kmで肩透かし…大船渡・佐々木に“休み肩”疑惑浮上

公開日: 更新日:

 3日、練習試合に先発した高校生左腕の投球をチェック。五回で降板したから、さあ、帰って一杯やるかと腰を上げたら携帯が鳴った。

「なんだ、もう、帰るのか? 投げ終わった後の体の手入れはきちんとしてるか? クールダウンやキャッチボールは集中してやってるか? どんな性格か? 見るべきポイントはマウンド上だけじゃねーだろ」

 部長からだ。来てるんなら来てるって声を掛けてくれればいいじゃねーか。ホント、性格悪いよなー。なんて思ったけど、まさか部長より先にグラウンドを後にするわけにはいかない。

「嫌だな、たばこを吸いに行こうと思っただけじゃないですか」

 なんて言い訳しながら、帰りながらの居酒屋まで付き合った。

 話題は大船渡の佐々木朗希だ。ウチのパソコンおたくのエライさんあたりは「高校生では数値が突出してますからね。中日は星稜の奥川にいくかもしれませんけど、それ以外の11球団は佐々木を1位指名するんじゃないですか?」なんていまからソワソワ。スマホを見てたら、たまたまこの日の練習試合の最速が140キロ止まりだったこともあって部長に水を向けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る