最速140kmで肩透かし…大船渡・佐々木に“休み肩”疑惑浮上

公開日: 更新日:

 3日、練習試合に先発した高校生左腕の投球をチェック。五回で降板したから、さあ、帰って一杯やるかと腰を上げたら携帯が鳴った。

「なんだ、もう、帰るのか? 投げ終わった後の体の手入れはきちんとしてるか? クールダウンやキャッチボールは集中してやってるか? どんな性格か? 見るべきポイントはマウンド上だけじゃねーだろ」

 部長からだ。来てるんなら来てるって声を掛けてくれればいいじゃねーか。ホント、性格悪いよなー。なんて思ったけど、まさか部長より先にグラウンドを後にするわけにはいかない。

「嫌だな、たばこを吸いに行こうと思っただけじゃないですか」

 なんて言い訳しながら、帰りながらの居酒屋まで付き合った。

 話題は大船渡の佐々木朗希だ。ウチのパソコンおたくのエライさんあたりは「高校生では数値が突出してますからね。中日は星稜の奥川にいくかもしれませんけど、それ以外の11球団は佐々木を1位指名するんじゃないですか?」なんていまからソワソワ。スマホを見てたら、たまたまこの日の練習試合の最速が140キロ止まりだったこともあって部長に水を向けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る