大船渡・佐々木朗希 それでも拭えない肩の“スタミナ不足”

公開日: 更新日:

 この間、神宮球場に行ったら、ドラフト候補の大学生右腕がいいピッチングをした。評判の投手だし、他球団のスカウトもおそらく、投球をチェックしてるだろうとスタンドを見上げたら、ウチのパソコンおたくのエライさんが見てたからビックリさ。

 隣にいるのはどこかの新聞記者か。おそらくパソコンの数値も秀逸なのだろう。エライさん、マウンド上のドラフト候補を見て、得意げな表情を浮かべながら隣に何かしゃべってた。

 後日、球場で一緒になった部長に、ウチのエライさんがドラフト候補右腕の好投を喜々としてチェックしてたことを話した上でこう言った。

「エライさん、間違いなくあの右腕を評価してますよ。今度のスカウト会議でその選手の名前が出たら、こうだから評価できるって言えば、オレの評価も上がるんじゃないかって思うんスよ。こっちは毎年クビがかかってるわけで、たまにはゴマをすることも大切じゃないスか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る