PS進出へ正念場…エ軍が狙うサイ・ヤング賞右腕の名前

公開日: 更新日:

 5年ぶりのポストシーズン進出を狙う大谷翔平(25)のエンゼルスがエース級投手の獲得に動いているという。

 30日付のスポーツ専門局「ESPN」(電子版)が伝えた。記事によると、エンゼルスが食指を動かしているのは、ダイヤモンドバックスのサイ・ヤング賞右腕ザック・グリンキー(35)。今季ここまで22試合に登板し、10勝4敗、防御率2.87。抜群の安定感を披露しているが、チームは首位ドジャースと15.5ゲーム差のナ・リーグ西地区3位(29日終了時)。豊富な戦力を誇るドジャースを相手に逆転での地区優勝は厳しいことから、エース右腕を筆頭にバーゲンセールに乗りだすのだ。

 エンゼルスはローテーション左腕のスキャッグスが急逝、元新人王右腕ハービーを解雇するなど、先発陣が手薄。8月以降に巻き返しを図るため、計算できる投手の獲得に踏み切るとみられる。

 エンゼルスは2チームが出場するワイルドカード争いで、首位インディアンスなどと5.5ゲーム差。わずかながらポストシーズン進出の可能性を残している。

 サイ・ヤング賞右腕を巡って、31日のトレード期限までギリギリの交渉が続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る