聖光学院・斎藤監督が語る 戦後最長13年連続夏出場の秘密

公開日: 更新日:

 戦後最長13年連続(2007年~2019年)で夏の甲子園への出場を果たした聖光学院(福島)。どのような指導を行っているのか。斎藤智也監督に話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 勝ち続けるという十字架は重たいです。でもそれ以上に、子どもたちにしつこく教育をし続けることの方がキツい。指導者がそれをやらなくなったら、チームには勝ち負けしか残らなくなります。

 今春、11年ぶりに東北大会出場を逃して2週間、全体練習をなくしてミーティングだけに費やしました。今年は谷間の世代になるんじゃないかとも考えた。決して力がある世代ではなかったのに、勘違いして、自信過剰になっていた。生徒には「勝つとか、甲子園に行くなんて考えは一回捨てろ」と言いました。

 キレイごとを言ってると思われるかもしれません。でも、勝ち負けは結果でしかない。大事なのはプロセスです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る