日ハム清宮の4番起用 評論家が警鐘「チーム壊しかねない」

公開日: 更新日:

「本人のためにも、チームのためにもなりませんよ」

 こう話すのは、評論家の山崎裕之氏。日本ハムの清宮幸太郎(20)が4番に座っていることについて警鐘を鳴らすのだ。

 今月13日、4番打者の中田が右手痛で登録抹消されると、栗山監督から代役に任命された。同日のロッテ戦から4番の重責を担う清宮だが、しかし、そもそも今季は打率1割台に低迷していた。4番だからといって急に打てるようになるわけもなく、もっか打率.184だ。

 山崎氏が言う。

「若くても成績を残せるなら4番でもいいでしょう。たとえば清原は西武の新人時代、4番で3割30本を打った。清宮も素質はある打者ですが、現段階ではまだ『経験を積めば、いい打者になれる』程度。長打力はあっても、そもそも打てないのでは話にならない。4番打者は相手投手に『こいつに投げるのは怖い』と思わせなければいけない。中田の代わりの4番は近藤ではダメなのか、理解に苦しみます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る