星稜・奥川「154km連発23K・165球完投」で生じた付加価値

公開日: 更新日:

 スター不足に悩むプロ球団が、あるとき、ドラフトでどういった選手を獲得すべきかという議論を真剣にやった。出た結論は「一流選手に育つだけの技術的な裏付けはもちろん必要だが、春のセンバツや夏の甲子園でファンの印象に残るような活躍をした選手」だった。

 1年時から5季連続で出場して2度優勝した桑田、清原のKKコンビしかり、5打席連続敬遠の松井秀喜しかり、春夏連覇、夏の決勝戦でノーヒットノーランを達成した松坂しかり。この球団の関係者によれば「高校時代に甲子園でファンに認知された選手には付加価値がある」そうだ。

 さて、星稜の右腕・奥川恭伸だ。ドラフト1位候補であることは言うまでもないが、去る17日の智弁和歌山戦で154キロを連発して23奪三振、計165球を投げて延長十四回を完投したことで、くだんの「付加価値」が生じたという。

 4季連続出場も、エースナンバーを背負うようになった昨夏と今春は2回戦敗退。プロ注目の好投手、大会ナンバーワン投手ではあっても、周囲の視線をクギ付けにするような活躍をしたわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る