ソフト2年連続V逸…工藤監督の後釜に秋山幸二前監督が浮上

公開日: 更新日:

 指揮官は試合終了後も仏頂面でグラウンドを見つめ続けていた。

 ソフトバンクは24日、楽天に逆転負け。同日、ロッテを下した西武に2年連続Vを許した。

 こうなると、避けられないのが責任問題だ。工藤監督は今季が3年契約の最終年。就任1年目の2015年以来、すべてAクラス、リーグ優勝2回と結果を出しているように見えるものの、なにせ戦力が戦力だ。選手総年俸は16年から4年連続12球団トップ。これだけカネをかけている以上、結果とはすなわち優勝に他ならない。

 今季は柳田が開幕早々に離脱するなどケガ人に泣かされたが、それを考慮しても、球団内で工藤監督の采配を疑問視する声は少なくないという。監督交代は濃厚。となれば、候補は誰か。外部招聘もあるのか。

「現在は秋山前監督の線が強いと聞いている。ソフトバンクの野手は世代交代がうまくいかず、主力は30歳オーバーだらけ。昨オフ、西武からFA宣言した28歳の浅村(楽天)獲得に乗り出したのも、若手が成長するまでの次期リーダー候補が欲しかったからです。その点、秋山さんは野手を使いながら育てるのがうまい。14年に日本一になりながら退任したのは、当時闘病中だった奥さん(同年死去)の介護をするため。本人も再登板に意欲があることをほのめかしています。OBの小久保、松中の可能性もゼロではないが、前者は本人の取り巻き、後者は球団との関係がまだ修復されていない点がネックらしい」(球団OB)

 新鮮味はなくとも、無難な人事ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る