松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

シーズン優勝の西武はこんなに奥行きのないチームだった?

公開日: 更新日:

 首都圏上空を台風一過、プロ野球パ・リーグはひっそりと西武が4タテを食らって埼玉の空に消えた。

 シーズン優勝の誇りもな~んもありゃしねえ。2年連続で同じソフトバンクにホーム球場で日本シリーズへの切符をかっさらわれた。

 西武ファンが台風でいつ止まるかもしれん西武電車に乗ってメットライフドームまで応援に来てくれたというのに、4試合とも選手はな~~~んもできんかった。

 西武の野球ってのは、ボカスカ打って勝つ野球だ。森が首位打者、山川がホームラン王、中村が打点王、秋山が最多安打、金子が盗塁王。とにかく派手に打ちゃいいのサ。

 それがこの4試合でホームランは山川らの3本だけ。ソフトバンクは8本も打った。メットライフにむなしく響く「ドスコ~イ」。

 山川クンに言っておくぞ、キミがどんだけ相撲の御嶽海に似てるか知らんが、ドスコイというのは「どっからでもかかってきなさい」って意味のお相撲さんの符丁なの。キミは外角低めにスライダー投げれば抑えられるバッターなの。ドスコイじゃないの。すこ~し自覚したほうがいいヨ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る