松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

原監督よ かき集めた山盛り枯れ葉のたき火は目にしみるか

公開日: 更新日:

■熊手片手に5年ぶりV

 5年ぶりに優勝した巨人の原監督が目を真っ赤にして言った。

「涙腺が弱い」

 え~感動のさなかに申し訳ねえが、それを言うなら「涙腺が緩くなった」だ、相変わらずなまくらな日本語を振り回す。振り回すのはなまくらな日本語だけじゃねえ。

 せっかく高橋由伸前監督が手塩にかけて育てた岡本、吉川、重信らがやっと活躍し始めたところへ、熊手を振り回して、まあ手当たり次第にザクザクかき集めた丸、岩隈、炭谷、中島……。かき集めて盛り上げといてボワッと火を付けて、

「たき火だ、たき火だ、熱いよ熱いよ、うわ煙たくていやいやいや、どうも涙腺が弱いね」

 熊手片手に呵々大笑する原辰徳。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  5. 5

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  8. 8

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  9. 9

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る