松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ラグビー観戦は酒を飲みながら「アンバランス」を楽しむ

公開日: 更新日:

 4年に1回のW杯限定だったものが、ここにきてハマり始めたラグビー。他の競技と比べてなんだか良いねと思うこと。

 やたら「サムライ魂」だの飾り立てて「日本人じゃなきゃダメ!」って縛りがないこと。国一丸となって鬼畜米英を討ち果たさん、竹ヤリでもB29は撃ち落とせる。いざ突っ込めゃぁぁッ! とシャカリキんなって「国」があんまし前に出ないのが良いよな。

 リーダーからしてリーチマイケルだぞ。肌の色も白黒黄色コーヒー牛乳、世界中からラグビーできる人集まれ! って感じ。

 これが野球だったら、日本人以外は「助っ人外人」と呼び下し、「外人枠」なんかで他国籍選手の人数まで縛り、「助っ人に頼らない強いチームを」とか、まだ寝言をコイてるジジイも交じる。

 で、このマイケル以下がまた凄えんだ。制限速度をピッタリ守って走るマイクロバスに後ろからパッシングクラクションで煽りまくって、サービスエリアで無理やり止めさせて、「ゴルァ降りてこんかい!」と凄んだとして、マイクロバスからパイナップル頭にドレッドにいちゃん、髭もじゃ白熊男などゾロゾロ降りてきたら、煽り運転野郎なんざ座りションベンして目を回すだろうというぐらいの面構えなんだが、実ぁ気が優しくて力持ち、相手をぶちのめすが、ノーサイドの笛が鳴りゃ相手を心から敬い、健闘を称え合う。このアンバランスが良いな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る