ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

公開日: 更新日:

「日本人のスポーツへの熱意があれば、間違いなく前進できる。これまでやってきたことを継続すれば、若手も育ってくるし、ステップアップは可能だ」

 20日の準々決勝で日本を下した南アフリカのマット・プラウドフット・アシスタントコーチが、日本ラグビーの将来性をこう持ち上げた。2015年にトップリーグの神戸製鋼でフォワードコーチを務めた同氏は「(日本は)今回、自分たちが信じるものができたと思う。今までやってきたことを変えずにやることが重要だ」とアドバイスしたのだが、肝心要の日本ラグビー協会が迷走し始めた。

 この日までに、続投が既定路線とされていた日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=49)の去就問題が浮上。事情に詳しいラグビー関係者が言う。

「日本が大金星を挙げたアイルランド戦後、協会のナンバー2である清宮(克幸)副会長が、『結論はとっくに出ている。(続投以外に)選択肢はない』とジョセフHCの続投を支持。森重隆会長も『代える理由がない。他の名前が出てきたらぶっ飛ばしてやる』とこれに呼応した。史上初の8強入りを決めたこともあり、16日の理事会で続投が承認される運びだったのですが、そこで一部の強化委員や理事から慎重論が出たのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る