ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

公開日: 更新日:

「日本人のスポーツへの熱意があれば、間違いなく前進できる。これまでやってきたことを継続すれば、若手も育ってくるし、ステップアップは可能だ」

 20日の準々決勝で日本を下した南アフリカのマット・プラウドフット・アシスタントコーチが、日本ラグビーの将来性をこう持ち上げた。2015年にトップリーグの神戸製鋼でフォワードコーチを務めた同氏は「(日本は)今回、自分たちが信じるものができたと思う。今までやってきたことを変えずにやることが重要だ」とアドバイスしたのだが、肝心要の日本ラグビー協会が迷走し始めた。

 この日までに、続投が既定路線とされていた日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=49)の去就問題が浮上。事情に詳しいラグビー関係者が言う。

「日本が大金星を挙げたアイルランド戦後、協会のナンバー2である清宮(克幸)副会長が、『結論はとっくに出ている。(続投以外に)選択肢はない』とジョセフHCの続投を支持。森重隆会長も『代える理由がない。他の名前が出てきたらぶっ飛ばしてやる』とこれに呼応した。史上初の8強入りを決めたこともあり、16日の理事会で続投が承認される運びだったのですが、そこで一部の強化委員や理事から慎重論が出たのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る