宮里藍以来の快挙 “シブコ効果”は低迷ゴルフ界を救えるか

公開日: 更新日:

 28試合ぶりの予選落ちが話題になる渋野日向子。メジャーの全英女子オープンに優勝して、帰国後は「しぶこ」フィーバーが続いている。

 凱旋後に国内初出場の「北海道meijiカップ」(13位)は3日間のギャラリー数が対前年比2666人増の1万6407人。翌週の「NEC軽井沢72」(3位)は3日間2万1844人(6981人増)。そして「日本女子プロ」(33位)は4日間3万5719人(1万5781人増)、「日本女子オープン」(7位)が今季最多の4万6165人(2万663人増)と、渋野を一目見たいというファンが会場に殺到している。

 ギャラリー数同様にテレビ視聴率も大幅にアップしており、「NEC軽井沢72」「ニトリレディス」「日本女子プロ」「東海クラシック」は昨年に比べて倍以上。「NEC軽井沢72」での視聴率は昨年の4・6%から12・3%と大幅にアップした(データはいずれもトーナメント振興協会調べ。関東地区)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る