鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

公開日: 更新日:

【伊藤園レディス】最終日

 3位発進の鈴木愛(25)が12年ぶり2人目の3週連続優勝を逆転で決め今季7勝目。賞金レースでも申ジエ(31)を抜いてトップに躍り出た。

「最終18番パー4の2打目はピンに向かってアドレスしており、残り183ヤードをピン左2・5メートルにつけて勝利を決めるバーディーを奪ったのがすごい」と田原紘プロがこう解説する。

「ピンの左サイドはスペースが狭く、そばに池が迫っている。今までの鈴木ならグリーンセンターから持ち球のフックで攻めただろう。ミスショットならスピンがかからずに転がって池に入っていた。ところがアドレスは完全にピンを向いており、左手の使い方はフックしない打ち方だった。グリーンに落ちてからボールが右に跳ねていることでそれがわかる。勝負のかかった大詰めで、これまでの球筋とは違う、フックしない攻め方を見せて、ショットのバリエーションが増えた。3戦連勝への精神的な強さも光った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る