五輪金狙う大坂なおみ 記者が指摘する「唯一の不安点」

公開日: 更新日:

 本人は「金メダルを取りたい」と話している。

 大坂なおみが22歳の誕生日を前に日本国籍を選択したのは東京五輪に出るため。拠点を米フロリダに置いていて、暑さに強く、会場となる有明テニスの森は優勝した全米、全豪と同じハードコートだ。

 全米、全豪の後に不調に陥り、全英は初戦敗退を喫して試合後の会見で泣きだしたこともあったが、9月の東レ・パンパシフィック・オープンと10月のチャイナ・オープンで2連勝。チャイナ・オープンはグランドスラムに次ぐ格付けのプレミアマンダトリーで、調子自体も上向いている。

 モチベーションに加えて勝つための条件も揃っているとはいえ、「金はどうでしょう。銀メダルじゃないでしょうか」とみるのはスポーツライターの武田薫氏だ。

「改装した有明のサーフェスは全米オープンと同じデコターフです。使い始めはザラザラとした感じで、球足が世界一速いともいわれたくらい。五輪を前に9月の東レPPOで試し打ちができればよかったのですが、会場が大阪になったためできなかった。大坂はハードコートを得意にしているものの、本番のコートを経験していないことだけが唯一の不安点です」

 そして、こう続ける。

「本命は世界ランク1位のバーティでしょう。オーストラリア出身の23歳で、暑さに強く、2019年の全仏シングルスと年末のWTAファイナルズを制して上り調子ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る