五輪金狙う大坂なおみ 記者が指摘する「唯一の不安点」

公開日: 更新日:

 本人は「金メダルを取りたい」と話している。

 大坂なおみが22歳の誕生日を前に日本国籍を選択したのは東京五輪に出るため。拠点を米フロリダに置いていて、暑さに強く、会場となる有明テニスの森は優勝した全米、全豪と同じハードコートだ。

 全米、全豪の後に不調に陥り、全英は初戦敗退を喫して試合後の会見で泣きだしたこともあったが、9月の東レ・パンパシフィック・オープンと10月のチャイナ・オープンで2連勝。チャイナ・オープンはグランドスラムに次ぐ格付けのプレミアマンダトリーで、調子自体も上向いている。

 モチベーションに加えて勝つための条件も揃っているとはいえ、「金はどうでしょう。銀メダルじゃないでしょうか」とみるのはスポーツライターの武田薫氏だ。

「改装した有明のサーフェスは全米オープンと同じデコターフです。使い始めはザラザラとした感じで、球足が世界一速いともいわれたくらい。五輪を前に9月の東レPPOで試し打ちができればよかったのですが、会場が大阪になったためできなかった。大坂はハードコートを得意にしているものの、本番のコートを経験していないことだけが唯一の不安点です」

 そして、こう続ける。

「本命は世界ランク1位のバーティでしょう。オーストラリア出身の23歳で、暑さに強く、2019年の全仏シングルスと年末のWTAファイナルズを制して上り調子ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る