大坂なおみ新コーチは理論派も…力とメンタルで逆転の皮肉

公開日: 更新日:

「ハードな試合になるのは覚悟していた。第2セットのタイブレークでは泣き言を言い過ぎた。なので積極性は保ちながら、努めて冷静になろうと思った」

 試合後の大坂なおみ(22=世界ランク4位)はこう言った。

 女子テニスの今季開幕戦、全豪オープンの前哨戦でもあるブリスベン国際のシングルス1回戦が昨7日、オーストラリアのブリスベンで行われ、第3シードの大坂は、マリア・サッカリ(24=同23位、ギリシャ)を6―2、6―7、6―3で下し、2回戦に駒を進めた。サッカリとの対戦成績はこれまで2勝1敗とほぼ五分。それだけに苦戦を覚悟したのだろうが、冷静になって難局を乗り越えたというのだ。

 この日はサービスエースが16本。「肩(のケガ)が原因で最後の試合(WTAファイナルズ)を棄権しなくてはならなかったから、きょうはどんなサーブが打てるのか心配だった。でも、自分のサーブには満足している」とは本人。持ち前のパワーも健在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る