大坂なおみ新コーチは理論派も…力とメンタルで逆転の皮肉

公開日: 更新日:

「ハードな試合になるのは覚悟していた。第2セットのタイブレークでは泣き言を言い過ぎた。なので積極性は保ちながら、努めて冷静になろうと思った」

 試合後の大坂なおみ(22=世界ランク4位)はこう言った。

 女子テニスの今季開幕戦、全豪オープンの前哨戦でもあるブリスベン国際のシングルス1回戦が昨7日、オーストラリアのブリスベンで行われ、第3シードの大坂は、マリア・サッカリ(24=同23位、ギリシャ)を6―2、6―7、6―3で下し、2回戦に駒を進めた。サッカリとの対戦成績はこれまで2勝1敗とほぼ五分。それだけに苦戦を覚悟したのだろうが、冷静になって難局を乗り越えたというのだ。

 この日はサービスエースが16本。「肩(のケガ)が原因で最後の試合(WTAファイナルズ)を棄権しなくてはならなかったから、きょうはどんなサーブが打てるのか心配だった。でも、自分のサーブには満足している」とは本人。持ち前のパワーも健在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る