卓球やバドのファイナル優勝賞金 なぜこれほど安いのか?

公開日: 更新日:

 あまりに大きな格差だ。

 石川佳純(26=世界ランク10位)と平野美宇(19=同11位)の東京五輪代表争いが注目された卓球のグランドファイナル(中国・鄭州)。2日目は女子ダブルス準決勝で世界ジュニアチャンピオンでダブルス世界ランク1位の長崎美柚・木原美悠ペアが同2位で今年の世界選手権金メダルペアの孫穎莎・王曼昱(中国)に3―2で勝利。決勝進出を決めた。15日が最終日の今大会、シングルスは男女とも中国選手の優勝で間違いない。その賞金は10万ドル(約1100万円)。初戦で敗退した石川と平野の2人も1万5000ドル(約165万円)の賞金が出る。ちなみにダブルスの優勝賞金は約154万円だ。

 同日最終日のバドミントンのツアーファイナル(中国・広州)のシングルスも優勝賞金は12万ドル(約1320万円)。「けっこうな金額じゃないか」という声もあるが、テニスはケタが違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る