卓球やバドのファイナル優勝賞金 なぜこれほど安いのか?

公開日: 更新日:

 あまりに大きな格差だ。

 石川佳純(26=世界ランク10位)と平野美宇(19=同11位)の東京五輪代表争いが注目された卓球のグランドファイナル(中国・鄭州)。2日目は女子ダブルス準決勝で世界ジュニアチャンピオンでダブルス世界ランク1位の長崎美柚・木原美悠ペアが同2位で今年の世界選手権金メダルペアの孫穎莎・王曼昱(中国)に3―2で勝利。決勝進出を決めた。15日が最終日の今大会、シングルスは男女とも中国選手の優勝で間違いない。その賞金は10万ドル(約1100万円)。初戦で敗退した石川と平野の2人も1万5000ドル(約165万円)の賞金が出る。ちなみにダブルスの優勝賞金は約154万円だ。

 同日最終日のバドミントンのツアーファイナル(中国・広州)のシングルスも優勝賞金は12万ドル(約1320万円)。「けっこうな金額じゃないか」という声もあるが、テニスはケタが違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る