大坂なおみ「成長の表れ」我慢比べ制し3回戦進出の真価

公開日: 更新日:

 持っていたラケットを地面に叩き付けるだけでなく蹴飛ばした。

 22日、全豪オープンテニス女子シングルス2回戦。大坂は世界ランク42位の鄭賽賽と対戦、第2セット第3ゲームを長いラリーの末にミスしてブレークを許すと、コート上で荒れた。「自分の手から魔法のようにラケットが飛んでいって、コントロールすることができなかった」とは試合後の本人だ。

 大坂は鄭のような技巧派で、粘り強いタイプを苦手にしている。

 初戦では劣勢に立たされても表情すら変えなかったものの、この日は違った。持ち前のパワーを生かせなかった。最大の武器ともいえるサーブのエースは0本。パワーで押しても押しても拾いまくられる展開に、業を煮やしてプッツンしたに違いない。

 これまでの大坂なら完全にキレて、そこからガタガタと崩れるところだが、しかし、我慢比べを制してのストレート勝ちだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る