大坂なおみ「成長の表れ」我慢比べ制し3回戦進出の真価

公開日: 更新日:

 持っていたラケットを地面に叩き付けるだけでなく蹴飛ばした。

 22日、全豪オープンテニス女子シングルス2回戦。大坂は世界ランク42位の鄭賽賽と対戦、第2セット第3ゲームを長いラリーの末にミスしてブレークを許すと、コート上で荒れた。「自分の手から魔法のようにラケットが飛んでいって、コントロールすることができなかった」とは試合後の本人だ。

 大坂は鄭のような技巧派で、粘り強いタイプを苦手にしている。

 初戦では劣勢に立たされても表情すら変えなかったものの、この日は違った。持ち前のパワーを生かせなかった。最大の武器ともいえるサーブのエースは0本。パワーで押しても押しても拾いまくられる展開に、業を煮やしてプッツンしたに違いない。

 これまでの大坂なら完全にキレて、そこからガタガタと崩れるところだが、しかし、我慢比べを制してのストレート勝ちだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る