若手成長株に一時劣勢も…大坂なおみ笑顔で初戦突破の収穫

公開日: 更新日:

 大坂なおみ(22)といえば、試合中の喜怒哀楽をもろに表情に出すことで知られる。ショットが決まって笑顔でガッツポーズする一方、凡ミスをした自分に腹を立てて、ラケットをコートに叩きつけることも。精神面から崩れた試合は少なくない。

 そんな大坂が精神面の不安をまったく感じさせなかったのが、20日に行われた全豪オープンテニス1回戦だ。

 相手のブズコバ(21=チェコ)は昨季、世界ランク10位以内の選手を3人破った若手成長株。そのブズコバにコースを読まれてリターンエースを食らっても、笑顔すら浮かべてうなずいていたほど。劣勢に立たされても冷静さを失わず、ストレート勝ちした。

「緊張をコントロールしようと心掛けた。グランドスラム1回戦で初めて対戦する選手と戦うのはタフなこと」とは試合後の大坂。

「緊張をコントロール」できるようになったのは今後に向けた収穫だろう。ディフェンディングチャンピオンとして、幸先いいスタートを切ったのではないか。

 なお、2回戦では世界ランク42位の鄭賽賽(中国)と対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る