若手成長株に一時劣勢も…大坂なおみ笑顔で初戦突破の収穫

公開日: 更新日:

 大坂なおみ(22)といえば、試合中の喜怒哀楽をもろに表情に出すことで知られる。ショットが決まって笑顔でガッツポーズする一方、凡ミスをした自分に腹を立てて、ラケットをコートに叩きつけることも。精神面から崩れた試合は少なくない。

 そんな大坂が精神面の不安をまったく感じさせなかったのが、20日に行われた全豪オープンテニス1回戦だ。

 相手のブズコバ(21=チェコ)は昨季、世界ランク10位以内の選手を3人破った若手成長株。そのブズコバにコースを読まれてリターンエースを食らっても、笑顔すら浮かべてうなずいていたほど。劣勢に立たされても冷静さを失わず、ストレート勝ちした。

「緊張をコントロールしようと心掛けた。グランドスラム1回戦で初めて対戦する選手と戦うのはタフなこと」とは試合後の大坂。

「緊張をコントロール」できるようになったのは今後に向けた収穫だろう。ディフェンディングチャンピオンとして、幸先いいスタートを切ったのではないか。

 なお、2回戦では世界ランク42位の鄭賽賽(中国)と対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る