レイズ筒香が外野&三塁の“二刀流”披露 米初の守備練習で

公開日: 更新日:

 日本人のルーキー野手が守備での猛アピールを開始した。

 ポスティングシステムでレイズに移籍した筒香嘉智外野手(28=前DeNA)が17日(日本時間18日)、キャンプ地フロリダ州ポートシャーロットで初めて守備練習。本職の左翼に加えて、三塁の守備位置に就き、約30分間のノックを受けた。

 日本から、外野用だけでなく、一塁、三塁の内野用と3種類のグラブも持参。定位置確保、出場機会の増大を目指して内外野ともこなせる守備力を披露する必要がある。「打つだけでなく、守備でも貢献したい」と話すルーキー野手は守備での三刀流を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る