内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

誠也は好調のシーズン中に…生き残りたければ「変化」しろ

公開日: 更新日:

 継続、反復が大事だと前に書いた。しかし、何年も続けて結果が出なければ、変えなきゃいけない。プロの選手には、ここまでこれでやってきた、という信念のようなものがある。白紙に戻すのは勇気がいることではある。ただ、伸びない選手ほど変化を嫌う傾向がある。

 どうしても打てない相手投手は、きっと来年もそのチームにいる。自分の苦手な球種、コースなどは、スコアラーによって丸裸にされる。

 全球団の投手に嫌というほど弱点を突かれるわけで、変わらなければ、来年はもっと打てない。それがプロの世界なのだ。

 伸びる選手は、信念はあっても、周囲の助言に耳を傾ける謙虚さ、素直さを持っている。

 イチローは常に何かに挑戦していた。広島鈴木誠也は、私が巨人の二軍打撃コーチを務めていた2年前、打率3割2分、30本塁打、94打点の好成績を残した年にもかかわらず、シーズン終盤に電話でこう告白してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る