鈴木誠也はメジャーでもオールスター級の活躍が期待できる

公開日: 更新日:

 日本のプロ野球チームが、我々メジャースカウトや関係者の動きにかなりナーバスになっていると聞いた。

 例えば今年のキャンプを視察した同僚のひとりは、球場にいる間中、球団関係者に監視されていたそうだ。

 その球団にはメジャー挑戦をウワサされる選手がいただけに、タンパリングを警戒しているのだろう。日本の情報提供者から聞いた話だ。

 ただ、球団がどれだけ警戒しようと、メジャースカウトが指をくわえて選手を見ているだけなんてことはあり得ない。実際、あるメジャー球団のスカウトは、このオフに大リーグ入りした選手のひとりと数年前に会食をしていた。選手を獲得するためならルール違反をいとわない球団があるのは日米を問わないようだ。

 そんなメジャーがいまから腰を浮かせている日本人野手が、広島鈴木誠也(25)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る