内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

いつミスを叱るか…米マイナー視察で“冷却期間”効果を実感

公開日: 更新日:

 広島の二軍打撃コーチだった頃、オフに球団からこんな話が舞い込んだ。

「臨時全米スカウトとして米国を回って、いい選手を見つけてきてくれ」

 指導者になってから、いつか米国の野球を見て勉強したいと思っていた。そのために妻に貯金を頼んでいたほど。それが、球団のお金で行けるなんて、こんなに素晴らしいことはない。緒方孝市が1Aチームに野球留学した1989年オフのことだ。

 助っ人選手を探すという名目だが、マイナーリーグを巡回しながら、各チームの指導者とも交流した。華やかなメジャーとは対照的に、マイナーは全てが質素。地方への遠征の際はモーテルのような安宿に泊まるし、給料も安い。私には球団から交際費も出る。マイナーのコーチなどを食事に誘い、米国式の指導法を聞いて歩いた。彼らと仲良くなると、「日本から視察に来た指導者」ということで、グラウンドにも入れるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  8. 8

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

もっと見る