渋野予選落ちで露呈…青木コーチ“詰め込み教育”の落とし穴

公開日: 更新日:

 約4カ月遅れでスタートした女子ツアー開幕戦「アース・モンダミンカップ」は最終ラウンドが悪天候のため、29日に順延となった。今大会の目玉だった渋野日向子(21)は予選落ちで早々と姿を消し、ファンも大会関係者もがっかりだ。渋野は開幕に備えてオフは筋トレや課題のアプローチ改善に取り組み、パッティングスタイルまで変えた。

 一般論だがプロの世界ではトップ選手ですらスイングを1ミリ変えただけで違和感を覚え、なじむまでに長い期間を要するといわれている。それだけスイング改造は繊細であり、失敗してスランプに陥るケースもある。

 会見でパットについて質問が及ぶと、「詳しくは(コーチの)青木さんに聞いてください」と答えた。説明が面倒だったのか、アドレス変更の意図がつかめていないのかは不明だが、「おやっ」と思わせる場面だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る