瀬戸大也“おむかえ不倫”の波紋 世界水泳のテレ朝はスルー

公開日: 更新日:

 白昼“おむかえ不倫”が報じられた、東京五輪競泳日本代表に内定している瀬戸大也(26)が24日未明、事実を認め、マネジメント会社・ジエブの公式サイトに瀬戸と妻・優佳の直筆謝罪文を掲載した。

 9月14日の午後、足立区内のコンビニで不倫相手の女性をピックアップし、同区内にある休憩4600円のラブホテルで90分の逢瀬を終え、子供のお迎えに行ったという一連の行動が23日「デイリー新潮」で報じられた。

 翌24日、スポーツ紙各紙も掲載。「グッとラック!」(TBS系)で立川志らく(57)は「人の家のことですから」とコメントしつつ報じたが、同時間帯の他局はスルー。各局の対応にバラつきがみられた。「一報がネットに出た時点でテレビ局は新聞の出方を見て考えようという姿勢だった。結局、瀬戸の不倫を扱った番組も、紙面を引用するのみで自局で深掘りはしなかった。『世界水泳』を放映するテレビ朝日は上層部からストップがかかったそうです」(ワイドショー関係者)というほど“忖度”が働いているという。

■タレントと異なるスポンサー対応

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白