瀬戸大也“おむかえ不倫”の波紋 世界水泳のテレ朝はスルー

公開日: 更新日:

 白昼“おむかえ不倫”が報じられた、東京五輪競泳日本代表に内定している瀬戸大也(26)が24日未明、事実を認め、マネジメント会社・ジエブの公式サイトに瀬戸と妻・優佳の直筆謝罪文を掲載した。

 9月14日の午後、足立区内のコンビニで不倫相手の女性をピックアップし、同区内にある休憩4600円のラブホテルで90分の逢瀬を終え、子供のお迎えに行ったという一連の行動が23日「デイリー新潮」で報じられた。

 翌24日、スポーツ紙各紙も掲載。「グッとラック!」(TBS系)で立川志らく(57)は「人の家のことですから」とコメントしつつ報じたが、同時間帯の他局はスルー。各局の対応にバラつきがみられた。「一報がネットに出た時点でテレビ局は新聞の出方を見て考えようという姿勢だった。結局、瀬戸の不倫を扱った番組も、紙面を引用するのみで自局で深掘りはしなかった。『世界水泳』を放映するテレビ朝日は上層部からストップがかかったそうです」(ワイドショー関係者)というほど“忖度”が働いているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    スガ政策はスカスカだ 国会で野党が追及すべき3つの問題

もっと見る