西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

1日に1000以上のスイングで指が固まり手が開かなくなった

公開日: 更新日:

 1982年秋。

 プロ1年目を終えたばかりの私は、川崎球場での秋季練習の初日、当時の監督だった山本一義さんに呼ばれ、「スイッチヒッターをやってみるか」と声をかけられた。

 右打者としてプロ入りした私はその年、オープン戦途中まで一軍に帯同したが、その後は二軍暮らし。シーズン終盤に一軍へ昇格することができたものの、出場は6試合にとどまった。守備、代走での出番しかなく、打席には一度も立つことができなかった。

 後々、聞いた話では、当時のレギュラーは左打者が少なく、山本さんは左打者を打線に置きたかったという。何人か候補がいる中で、私の武器である足が買われたようだ。

 私は小学校のときに野球を始めてから、一度も左で打ったことがなかったが、「はい」としか言えない雰囲気があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る